お寺で開運(お祓い・供養・修行)

一人でなやまないでね。

人が生きていくのは大変な事ですね

幸せや不幸せには人それぞれに、原因があるのです。

仏教では「因果の法則」というのですが、

少しそんな事を、学んでみましょう。


盂蘭盆会①1

(木蓮尊者と地獄の母君)



八月の供養会は、盂蘭盆会で

流水塔婆を修します。

亀1


お盆の始まりは、木蓮尊者と
お釈迦様の会話が始まりなのは
皆さまご存知と思います。

母親は我が子がかわいいあまり
子供には優しくても、周りには
罪を犯してしまったりするものなの
です。木蓮尊者の母君も、例外では
なかったのですね。

盂蘭盆会1

(盆棚)


お釈迦さまは、木蓮尊者に地獄の
母親を供養して救う方法を伝えた
のです。それが盂蘭盆会の始まり
なのです。

蓮花院では第二と第四日曜日に
盂蘭盆会を修します。




蓮花院のホームページです
http://www.rengein.pw
滝行の申し込みや相談の申し込みはこちらから


IMG_0210


7月25日(土曜日)教学会を修しました

慈雲尊者の「事・相・一致して密儀を尽
くすべし」事相を離れて教相なく教相を
離れて事相なし。という教えから蓮花院
では、教学を大切にしています。

教学は、個々の修行の時にも個人的
には、質問があれば答えたり、環境に
合わせたアドバイスなども行っている
のですが、夏のお勉強会は大切だと
思っています。

今年は、今まで学んだことの重要な
ポイントの復讐と、新しい印の伝授
そして、お大師さまのアニミズム的
思考の考察のお勉強をしました。

ブログにはあまり教学会の事は載せ
たくはないのですが、皆さまの感想
や要望をお聞きしたいと思いUPして
みました。皆さん多分控えめな方々
なので、書き込みは期待できない
かな?とも思うのですが私の気持ち
が伝われば良しとしましょうね。

次の参考にもしたいと思うので・・


南無大師遍照金剛・・・合掌



大師求聞持1






蓮花院のホームページです
http://www.rengein.pw
滝行の申し込みや相談の申し込みはこちらから


IMG_1715



IMG_1658


IMG_1702


今日の滝行は雨の予定でしたが

滝行が始まると太陽が出て晴天

みんな楽しみながら素晴らしい

行ができました。


IMG_1583

人形代流し

夏の大払いの人形代を真言と

共に心願成就を祈念しながら

流しました。

IMG_1586






蓮花院のホームページです
http://www.rengein.pw
滝行の申し込みや相談の申し込みはこちらから



お不動さん①1


七月の供養会は「夏の大祓い」です

今年上半期の罪や穢れまた病を祓い
また、祈願をいたします。夏の大祓い
は、人形代を使うので少し説明をして
おきたいと思います。

人形代1



人形代(ひとかたしろ)とは結論を言えば
お祓いの道具です昔陰陽師らが用い
た秘法で、端的に言えば人の形をした
依り代を自身の分身と見立て、これに
自身の罪穢れを返してそれを水に流す
事により、祓い清めるといった意味合い
があります。なぜ人の形をしているのか
というと、人形(にんぎょう)には霊が
憑依しやすいという現象
に起因します。

むかしから人の霊は人の形をしたものに
憑依しやすいといわれました。人形代は
自分の分身として自身の身についた罪穢
れをこれに遷すことが目的であるため
人の形をしているのが基本なのです。

また身に憑りついた低級霊、浮遊霊
自縛霊を吸い取って祓う意味もあり
ます。現在では多くは紙を人の形に切り
抜いたものが主流ですが、古代遺跡から
木製のものがルーツとして出土している
ことから、太古には木製のものが主流
だった事がうかがえます。


人形代①1

昔は木の人形代で呪詛にも使われました

当日はお一人ずつ修するので
少しお時間をみて下さいね・・・合掌




蓮花院のホームページです
http://www.rengein.pw
滝行の申し込みや相談の申し込みはこちらから



霊供膳②1


飲食(おんじき)とは仏さまに供養する
食物(お供物)の事でお仏壇のお供物
も同じです六種供養、五種供養の1つ
です。盆棚のご供養の参考にもなると
思います。固形物と汁物に大別され
飯・汁・餅・菓・の四種類に分けられ
ます。おんじきはご飯とお粥があり
お餅はもち米で作ったお菓子や饅頭
菓は果実です。

霊供膳①1


六波羅蜜修行で言えばおんじきの行は
禅定(ぜんじょうの心)食が足りて心が
落ち着きます。常に穏やかで冷静の
修行です。イライラせずに穏やかに
過ごしましょう。

六種供養には仏さまからのメッセージ
があるのです。

① 水・・(布施の行)
人のために尽くしましょう。

② 塗香(ずこう)・・(持戒の行)
決まりを守ります。

③ 花・・(忍辱の行)
すべてを受け止めます。忍耐

④ 線香・・(精進の行)
目的達成までがんばります。

⑤ 飲食(おんじき)・・(精進の行)

⑥ 灯明・・(智慧の行)
仏の知恵で頑張ります。

六種供養はお供えした時に仏さまからの
メッセージで精進しましょうねと励まして
頂いているのですょ !









蓮花院のホームページです
http://www.rengein.pw
滝行の申し込みや相談の申し込みはこちらから

IMG_0127


IMG_0120


IMG_0112


IMG_0127


IMG_0152


IMG_0161


IMG_0171


IMG_0178


IMG_0184


IMG_0195


IMG_0202


今月の滝行もまたまた守られて滝行の間

雨は、ピタッと止んでくれました。梅雨時の

滝行は新緑のエネルギーが強く私の好き

な、滝行ベストシーズンなのです。

どうせ濡れるのですからみんな雨は平気

なのですとても充実した滝行ができました

皆さま、お疲れさまでした。

南無大日大聖不動明王・・・合掌



蓮花院のホームページです
http://www.rengein.pw
滝行の申し込みや相談の申し込みはこちらから



大師⑧1

五筆和尚と言われた空海さま

フランス人は国の言葉に誇りをもって
いるそうですが、私も日本語はとても
素敵な文字で、ちっともフランス語に
負けてないぞ、と思っているのです。

私は特に「ひらがな」が大好きなの
です。とても美しく優しい文字だから
です弘法大師と書くよりもお大師さま
と書いた方が想いが伝わるような
感じがするからです。

いろは四十八文字はお大師さまの作
と言われていますが涅槃経聖行品に
説かれている四句偈(しくげ)の内容を
七五調の歌にしたものです。

いろはにほへとちりぬるを
色は匂えど散りぬるを=諸行無常

わかよたれそつねならむ
我世誰ぞ常ならむ=是生滅法

ういのおくやまけふこえて
有為の奥山今日超えて=消滅滅己

あさきゆめみしえひもせすん
浅き夢見し酔いもせず=寂滅為楽

何と深く美しい文字でしょうか、
私はひらがなを沢山使った縦書きが
好きなのですが、今では学校でも
PCでも横書きです。時々は縦書きの
美しさと伝統の文字を子供たちにも
楽しんでほしいと思うのです。



三密加持1

南無大師遍照金剛・・・合掌





蓮花院のホームページです
http://www.rengein.pw
滝行の申し込みや相談の申し込みはこちらから


大師求聞持1

求聞持大師

青葉の新芽が瑞々しい6月になりました。
6月はお大師さまの誕生月ですね。
蓮花院の供養会は「大師降誕会」を修し
ます。

お大師さまは宝亀5年讃岐の国の豪族
佐伯氏にうまれました。お大師さまの
逸話は沢山ありますが、やはり求聞持法
を修され、20代で中国語を会得して唐の
都で密教を学び日本に持ち帰った事だと
思います。

密教を学んでいる方はご存知の事です
からこの位にしておきますが、今月の
供養会は大師法会を修します。

和讃(わさん)と理趣経(りしゅきょう)の
響きとともに供養会を修したいと思い
ます。お大師さまのお弟子として
新型コロナでままならなかった修行を
そろそろ再開したいと思っています。

大師あ1



そんな中でも精進された皆さまには
お大師さまよりご褒美が下賜されます
楽しみにしていてくださいね。

大師え1



南無大師遍照金剛・・・合掌






蓮花院のホームページです
http://www.rengein.pw
滝行の申し込みや相談の申し込みはこちらから



水枯れ①1

水なしの滝

滝は段々に水が枯れたり角度がゆるく
なり、滝ではなくなったりしていきます。

ましてや滝行の条件に合う滝は
探すのが大変なのです。

滝行の出来る滝の条件

① 日帰りできる距離
② 滝壺に人が立てる深さ
③ 滝場の霊気が強い
④ 上流に民家がない(清流)
⑤ 滝口まで車が入れる

ちょっと上げても五つもあります。
ですから、滝行が出来るという事は大変
有難いことなのです。

水が枯れたりするのは自然現象や
地震などが考えられますが毎月の
行を大切にしたいと思うのです。

下に以前UPした滝行の効能を
再度、コピペしてみました。

滝場は最高のパワースポットです

大自然は人の心も身体も癒し、潜在能力や
自然治癒能力を引き出してくれます。滝に
入ると、ドーパミンが大量に出るのです。

IMG_4090

① 自然と一体となると人は癒され気力が
高まり自信と直観力、集中力、決断力が
ついてくるのです。

② 本当の自分に出会い、自分を知り、
自分を好きになります。滝行では見栄は
はれません、今の自分で挑むのです。
しっかり自分と向き合うことができます。

③ 最初はがむしゃらに挑みますが、
次第に滝を良く読み身をゆだねる事が
出来るようになります(入我我入)
にゅうががにゅうと言い、
滝と一体になりすべてが静寂となり
素晴らしい状態にな神秘体験する

④ すべての細胞が復活したような
全身がリフレッシュして、若返ったように
元気とやる気がでます。

⑤ マイナスイオンの宝庫ですから命の
輝きを引き出しアトピー、喘息、呼吸器系
またはメンタルの弱い方には今までの
経験的にとても効果的です。

(但し一回の滝行で何とかしようという
のは無理です)

続けることで素晴らしい変化を体験でき
ますょ !



蓮花院のホームページです
http://www.rengein.pw
滝行の申し込みや相談の申し込みはこちらから




花の行①1

花は寒い冬を堪え花開く

今日は忍辱(にんにく)の行のお話し

自粛生活がやっと終わりそうな気配
皆さま、不自由な暮らしと不安な心で
過ごされた事と思います。相手は
新型コロナですから、文句も言え
ません。

花の行1

修行には「忍辱の行」というのが
あります。別名花の行です。花は
冬の寒さに負けずに春に美しい
花を咲かせるのでそう言われる
のです今は世界中が戦っています

自粛で何もできないと、不満と不安
で過ごすのか ? 何か出来る事ないか
と、工夫しチャレンジするのか ?

Aさんは、今時間が出来たからと
自分の持っているスキルを駆使して
色々な計画を目を輝かせて話して
くれました。私はこれこそが花の行だと
うれしく聞いていました。

花の行②1


自分を取り巻く環境はコロナでなくても
常に不満足なものです。仏さまも人生
「四苦八苦」とおっしゃっているのです
から、現在の不自由な環境でも自分
らしく輝く手段はあるはずです。それ
を変えるのは自身の知恵なのです。

自身の花を咲かせるのは自分自身
家でも出来る事、厳しい制約の中
でも学べる事「自分力」フルパワー
で、戦ってみましょう。きっと美しい
花がさきますょ !

ピンチに感謝・・・合掌







蓮花院のホームページです
http://www.rengein.pw
滝行の申し込みや相談の申し込みはこちらから


このページのトップヘ